忍者ブログ

Kapokのソフトウェア★ラウンジ

Excel関数・VBA関連記事を中心に、PCやスマホのアプリケーションについての記事を投稿していきます。

[Windowsコマンド] ファイルを検索するには?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

[Windowsコマンド] ファイルを検索するには?

Windowsのコマンドプロンプトにて、ファイルを検索する際に役立つコマンドをまとめます。検索範囲が狭い順に書いていきます。


dir /s /b

dirにオプションを付けてファイルを表示し、探します。 /s はサブディレクトリを含めてファイルやフォルダを表示するオプションです。 /b は見出しや要約を非表示にするオプションで、これを付けると見やすくなります。


dir /s /b | more

dir /s /b では一画面に収まらなくなった時、moreに渡して探します。


dir /s /b | find "[検索文字列]"

キーワードで拾う事もできます。
検索文字列を""で囲ってfind コマンドに探させます。


tree /F > map.txt

検索したい場所のファイルとフォルダの数が10,000以上のレベルになってきますと、HDDの物理的制約から、dirで表示するのにも時間がかかってきます。

それを避けるために、一覧をテキストデータで保存してしまっておくのも良い手だと考えています。 tree はフォルダー構造を図式表示するコマンドで、/Fはファイル名を表示するオプションです。

tree /F と打ちますと、ファイルとフォルダが下図の様に表示されます。


 
このtreeコマンドで表示される文字を保存する事によって、HDDをフルスキャンする事なく、テキストエディターの検索機能でファイル捜索が可能になります。

コメント

プロフィール

HN:
Kapok
性別:
男性
自己紹介:
教育関係の上場企業の本社にて、主にExcelやVBAなどを使い、分析や集計などの仕事をしています。

他にもシステム関係・ソフトウェア関係の仕事をしたり、マクロ組んだり授業したりして日々過ごしています。

1986年生まれ。個人投資家として資産運用もしています。

リンク

カウンター・PR

PR